ドッグフードの種類

私達人間にとって食事が健康に重要なポイントになっているのと同じように、犬にとってはドッグフードが健康に大きな影響を与えるものとなります。それでは、ドッグフードにはどのような種類のものがあるのでしょうか。ここでは、購入することができるドッグフードの種類について、様々な分類から紹介します。

まず最初に紹介する分類であるのが、「水分含有量」による違いです。ドッグフードには生に近い質感を持っている、つまり水分含有量が多いタイプのドッグフードと、元の食感はほぼ失われている水分含有量の低いタイプのドッグフードがあります。それぞれにメリットとデメリットがあります。水分含有量が多いタイプのドッグフードは、犬にとって美味しいドッグフードとなっていますが、その分歯の隙間などに残りやすく、虫歯などを起こしてしまいやすいというデメリットがあります。また、価格も高めです。逆に水分含有量が少ないタイプのものは歯磨きが楽である代わりに、犬にとっての満足度は低めとなっています。

次に「対象年齢」による違いです。人間にも子供向けの食事と大人向けの食事があるのと同じように、ドッグフードにも子犬向けのものと成犬向けのものがあります。また、老犬向けのものなどもあり、適切な栄養量が調整されているのが特徴となっています。子犬向けのものはカロリーが高めで、成長を促すようになっているのに対して、成犬向け、老犬向けは抑え気味になっています。